\法的トラブルに役立つ情報を毎日更新中/
現在
5
人が参加しています
参加受付中
「いけ&愚妻」メルカリ・ラクマにて入手先を偽りエルメスの販売・脅迫関連の集団訴訟
#詐欺・消費者被害
フリマアプリのメルカリとラクマにて、主にエルメスのバッグと財布を販売していた北海道在住の夫婦。 私物・正規品とプロフィールまたは商品説明に記載していたが、 それらほとんどが、ヤフーオークション落札の、出所の分からない転売商品だった。 転売による被害者は200名を越える。
現在の総被害額
1,600,000円
たくさんの被害者があなたの参加を待っています
メルカリ登録名は 夫は「いけ」妻は「いけの愚妻です」
ラクマ登録名は 夫は「アキラ」妻は「せー」

ヤフーオークションで落札したエルメス商品を、「私物」「エルメスで購入」「教員の母が購入し保管していたトリム」「北海道地震のボランティア資金に」「看護師の同僚が欲しがったのであげたらお返しにくれたガーデンパーティ」「息子が医学部に合格した際、よくやった、と義兄がプレゼントしてくれたプリュム」
「医師の妻にバーキンを差し上げたらお返しにもらったボリード」「妻がやっとの思いで購入した、思いでも思い入れもあるものです」「購入後、4~5回使用しただけでクローゼットに眠っていたガーデンパーティ」「金メダルとった○○選手にあげようかしら」などと、プロフィールおよび商品説明に偽りを記載し、購入者をだました。

実際は、出品の4日前~半月前に、ヤフーオークションで落札した、転売商品だった。
購入商品に、また別に落札したエルメスのツイリーをセットする等し、また逆に、別ブランド品は「まとめ売り」商品を落札後に、バラ売り販売するなど、転売をわかりにくくする画策。

被害者の中には、バッグに補色の社外メンテナンスがほどこされていたことを告げられず、妻の私物かつワンオーナーであることを信じ購入したものの、エルメス以外でのメンテナンス済みの商品のため、今後はエルメスでの本来受けられるべき修理やメンテナンスを受けることができず、さらなる損害を受けた。
この商品は、2018年7月14日に上記夫婦によって落札され、同月17日にラクマに出品後、被害者に購入され、同月20日に取引が完了。あきらかに、私物と言い逃れできない転売行為である。
なお、ヤフーオークションでのこの出品商品の商品説明には、「使用感少々 少々型崩れ 表面色やけ 補色箇所 ハンドルコバ割れ有り、エルメスでのメンテナンス不可」と明記されており、上記夫婦はそれらを認識していながら、記載もしなかった。

現在、メルカリとラクマにて返品返金を求めており、メルカリからは返品対応するよう要請があったものの、当該夫婦が応じる様子はない。

それどころか、返品および謝罪を求める被害者に対して、いわれのない罵詈雑言、当事者しか知り得ない個人情報の暴露、ラクマでは、注射器の写真を使って脅迫、浣腸の写真を使って侮蔑するなどの犯罪行為まで犯している。