たくさんの被害者が
助けを求めています

enjinは被害者のために生まれた集団訴訟プラットフォームです

※enjinは紹介による対価は直接的にも間接的にも一切受け取っておらず、法令を遵守しています

一度相談する

enjinは同じ被害にあった被害者と
担当弁護士を結びつけるマッチングサービスです

enjinでは被害にあわれた方々に、「同じ被害にあった方」および 「担当弁護士」とのマッチングの場を提供しています。集団訴訟を希望する被害者が今日もたくさんの声をあげていますが、その声に耳を傾けていただける担当弁護士数が足りておりません。サービスについてわからない点や気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。多くの被害者を救うために、先生方のご協力をお待ちしております。

  • 利用相談

  • 信頼できる弁護士

  • 共にたたかう仲間

enjinの特徴その1

enjinは日本初の
集団訴訟プラットフォーム

enjinでは、「同じ被害にあった方」および 「担当弁護士」とのマッチングの場を提供しています。今までは被害金額と費用との兼ね合いで救うことが難しかった少額被害者の方や同一の被害を受けた全国各地の被害者に対して、救いの手を差し伸べることができます。

サムネイル画像
サムネイル画像
enjinの特徴その2

サービス開始10ヶ月で
登録者数15,000人
被害者額累計16,300,000,000円

2018年5月からサービスを開始して10ヶ月あまりでたくさんの皆様にご利用いただけるサービスへと成長できました。
これからもより多くの皆様の助けになれるよう、サービス改善に努めてまいります。

enjinの強み

  • アイコン画像

    多数の情報源

    enjinは、それぞれの案件の被害者が解決を希望してプロジェクトに参加しているため、被害に関する情報を集めやすい環境になっています。

  • アイコン画像

    カスタマーサポート付き

    enjin事務局がサポートいたしますので集団訴訟がはじめての先生でも安心してご利用いただけます。
    (※enjinは法律相談など法的な業務は行っておりません。あらかじめご了承ください。)

  • アイコン画像

    被害者依頼型の受任形式

    enjinは被害者主導による弁護士依頼を行っています。提供された被害情報をご確認いただき、相談を受け付けたい案件に弁護士が立候補。被害者が立候補した弁護士の中から依頼先を選択します。

  • アイコン画像

    コミュニケーション機能

    参加者との連絡など進捗共有ができるチャット機能をご用意しております。参加者全員への一斉連絡や個別のやりとりなど幅広くお使いいただけます。

  • アイコン画像

    訴訟化促進

    弁護士費用を複数人の被害者で割るため、費用倒れのリスクを低減することができます。

先生のご協力を
お待ちしております

些細なことでも、お気軽にお問い合わせください

一度相談する

利用の流れ

  • ステップ1

    被害情報の提供

    被害を受けた方がenjinに情報を提供します。

  • ステップ2

    被害情報を確認し立候補

    担当を希望する案件があるか確認し、立候補しましょう。被害者が立候補した弁護士の中から依頼先を選択します。

  • ステップ3

    被害者の相談を受ける

    被害者から詳しい被害内容などの話を聞きましょう。相談内容を受けて、担当するのか、どのような解決方法をとるかなどを最終的に判断してください。

  • ステップ4

    弁護士が集団訴訟プロジェクトを立ち上げ

    複数の被害者がいることが想定される場合、enjinにプロジェクトを立ち上げてみましょう。

  • ステップ5

    訴訟準備開始

    被害人数や情報、証拠などが揃いましたら、ご自身の判断で訴訟準備を進めてください。
    なお、プロジェクトの募集停止や再募集を行うことも可能です。
    ※訴訟ではなく和解で解決するなど、状況に応じた判断をお願いします。