\法的トラブルに役立つ情報を毎日更新中/
Apple Japan合同会社 (Apple Inc.)のキーボード不具合に関す
#その他
参加受付中
Apple Japan合同会社 (Apple Inc.)のキーボード不具合に関す
#その他
13人の応援者のおかげで1名の被害者が参加しました。
応募者数は後人で人に到達します。
13
応援
現在の総被害額
500円
参加者数
1人
たくさんの被害者があなたの参加を待っています
Appleの現行MacBook Proのキーボードの異常な故障頻度により、業務の停止と高額な修理費用が発生している。


証拠
現行のMacBookProはキーボードAssyの修理で凡そ8万円程度の修理費用が発生するが、既に当方のMacでは3,4ヶ月程度でキー入力にチャタリングが発生し、半年もすれば強く押しても入力が入らなくなるキーが出てくる。
業種的にコンピュータがないと業務が止まる上に、Mac以外の選択を非常に選びにくいという点もあり修理中の代替機を用意したり等の手配を考えると無償修理でも影響が非常に大きい。有償修理して最低でも3日は掛かっている修理を終え
さらに環境の再構築を行い、といった事を考えるとその被害は非常に大きい。 このような問題は過去十数年近い期間Apple製のラップトップコンピュータを使っていて無かったことである。

Apple側の問題の認識、本件の無償修理化、構造の抜本的改善など今後のApple製品選定の上での懸念の解消となる対応を求める。

[米国の集団訴訟]
https://ja.scribd.com/document/378981035/Butterfly-Keyboard-Class-Action
https://www.girardgibbs.com/apple-macbook-pro-keyboard-defect-lawsuit/
プロジェクト参加ランキング
    コラム人気ランキング