参加受付中

マネオマーケット株式会社に関する集団訴訟

詐欺・消費者被害
被害額
1,341,035,879

208人の被害者が参加しました。

投資の募集時の説明と実際が違っていた
再生可能エネルギーに投資すると説明したが、
実際は違うことに投資していた

株式会社グリーンインフラレンディングは太陽光発電事業などへの融資目的で、maneoマーケット株式会社を通じて投資を募ったが、集めた資金をグループ会社に貸し付け、事前の説明と異なる目的外の事業に流用。出資者への配当や償還が滞っている。maneoマーケットが虚偽の説明で勧誘したために損害が発生した。

maneoマーケット株式会社代表取締役の瀧本憲治は,自社ウェブサイトにおいて多数の事業会社を営業者とするファンドの取得勧誘を行っており,ファンドのウェブサイト上の資金使途の表示と実際の資金使途が同一となっているかについて適切に調査・確認して虚偽無く表示する責務を有していたのであるが,平成28年10月5日以降行っていた株式会社グリーンインフラレンディングを営業者とするファンドの取得勧誘において,ファンドの事業内容を適切に調査・確認しないまま虚偽の表示を行った。そのため平成30年7月11日以降,出資者への配当や出資金の償還が行われなくなり,出資者に損害が発生している。被害者数は3000人以上,被害総額は134億円以上にのぼる。

参考
maneoマーケット株式会社に対する検査結果に基づく勧告について(証券取引等監視委員会)
maneoマーケット株式会社に対する行政処分について(関東財務局)
コメント
最新
投稿の削除・修正は、原則不可としております。
不適切な発言(誹謗中傷や脅迫、事実に反する情報等)に注意して投稿してください。