\法的トラブルに役立つ情報を毎日更新中/
弁護士法72条との関係について
弁護士法72条との関係について


当社がWebサイト上で運営する集団訴訟プラットフォーム「enjin(円陣)」(以下「本プラットフォーム」といいます)において提供するサービス(以下「本サービス」といいます)は、以下で述べますとおり、弁護士法72条に違反しません。

まず、弁護士法72条は、以下のように規定しています。

弁護護士法72条
「弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない」


本サービスは、これを利用する方(以下「ユーザー」といいます。)が、本プラットフォームを通じて、法律の専門家である弁護士に対して、自己の被害等について、法的手続の依頼をすることができるというものです。

弁護士法72条の解釈について、裁判所の見解としては、
「同条(弁護士法第72条)本文は、弁護士でない者が、報酬を得る目的で、業として、同条本文所定の法律事務を取り扱いまたはこれらの周旋をすることを禁止する規程であると解するのが相当である。換言すれば、具体的行為が法律事務の取り扱いであるか、その周旋であるかにかかわりなく、弁護士でない者が、報酬を得る目的でかかる行為を業とした場合に同条本文に違反することとなるのであって、同条本文を、「報酬を得る目的でなす法律事務取扱い」についての前段と、「その周旋を業とすること」についての後段からなるものとし、前者については業とすることを要せず、後者については報酬目的を要しないものと解すべきではない。」と判示し、「一罪説(二要件説)」、つまり、周旋は、「報酬を得る目的」をもって、かつ「業として」なさなければ本条違反とはならない、という立場にたつことを明らかにしております。
本サービスは、現状、ユーザーからも登録弁護士からも一切利用料金をいただいておりません。したがいまして、当サイトは、弁護士法第72条に違反しません。