\法的トラブルに役立つ情報を毎日更新中/

介護事故に関する慰謝料・損害賠償請求

#詐欺・消費者被害
参加受付中

介護事故に関する慰謝料・損害賠償請求

#詐欺・消費者被害
2人の応援者のおかげで2名の被害者が参加しました。
応募者数は後人で人に到達します。
2
応援

現在の総被害額

0円

参加者数

2人
たくさんの被害者があなたの参加を待っています

介護事故に関する慰謝料・損害賠償請求の詳細情報

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野 武志(第二東京弁護士会)

【↓サイトの利用方法を詳しく知りたい方はコチラ↓】
https://enjin-classaction.com/qa/ 

1.介護サービスの事故に関する慰謝料・損害賠償請求の概要

介護事故でご家族が亡くなってしまった場合、通常であれば介護施設側から死亡慰謝料などが支払われます。
しかし、場合によっては適切ではない賠償額が提示される場合も…。

今後の生活のためにも、心のわだかまりを残さないためにも、
その慰謝料・損害賠償が適切なのか、一度弁護士に相談をしてみませんか。


2.介護サービスの事故に関する慰謝料・損害賠償請求の関連サービス名・運営会社名・勧誘者氏名など

各介護施設、介護サービス提供企業など


3.介護サービスの事故に関する慰謝料・損害賠償請求の詳細な経緯

たとえば介護中の事故と支払われた賠償金・慰謝料には以下のような例があります。

①被介護者が訪問介護サービスで調理されたうどんを食べたところ、直径7cmのさつまあげを喉に詰まらせ、窒息状態となり、死亡してしまった
⇒賠償金総額1,564万円

②アルツハイマー型認知症を患った被介護者が小規模多機能型居宅介護施設から抜け出し、3日後に施設から約590メートル離れた場所で死亡している姿が発見された
⇒賠償金総額1,980万円

法律の専門家であり、なおかつ交渉事にも慣れている弁護士に相談することで、示談の段階で相手方から適切な金額の賠償金を支払ってもらえる可能性が高まります。

そのほかにも、弁護士に依頼することによるメリットには

・弁護士に頼ることで様々な手続きや交渉を安心して任せられる
・ご家族を亡くしたばかりで気が動転してしまっているときに、的確な対応をしてもらえる
・今後の手続きの流れや、感情的になってやってはいけないことなどのアドバイスをもらえる

といったものがあります。

お悩みのご遺族の方がいらっしゃいましたら、ぜひ当プロジェクトにご参加ください。


4.関連コラム

・損害賠償とは?請求方法、相場、注意点…基本の知識をまるごと解説!
https://enjin-classaction.com/column/detail/?columnId=904&category=base


・弁護士費用の相場まとめ!基本の費用5種とケース別の着手金・報酬金
https://enjin-classaction.com/column/detail/?columnId=981&category=base