\法的トラブルに役立つ情報を毎日更新中/

交通死亡事故や後遺障害の慰謝料、弁護士に依頼して金額の引き上げを求めたい(担当:岡野 武志 弁護士)

#詐欺・消費者被害
参加受付中

交通死亡事故や後遺障害の慰謝料、弁護士に依頼して金額の引き上げを求めたい(担当:岡野 武志 弁護士)

#詐欺・消費者被害
0人の応援者のおかげで1名の被害者が参加しました。
応募者数は後人で人に到達します。
0
応援

現在の総被害額

0円

参加者数

1人
たくさんの被害者があなたの参加を待っています

交通死亡事故や後遺障害の慰謝料、弁護士に依頼して金額の引き上げを求めたい(担当:岡野 武志 弁護士)の詳細情報

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)

ある日突然、家族が交通事故で死亡してしまったり、重度の後遺障害が残ってしまったりした場合、まずは弁護士へご相談ください。相手方との交渉において、「弁護士基準」と呼ばれる高度な賠償金基準で慰謝料を請求できる可能性が高まります。

「家族が交通事故で大ケガを負ってしまったが、これからどんな手続きをすればいいのかよくわからない」
「事故で脳出血を負い、高次脳機能障害が残ってしまったので、納得のいく賠償を受け取りたい」
「家族が死亡事故で命を落としてしまったが、加害者側の対応に納得がいかない」

そんな不安や憤りを感じている被害者のご家族の方は、ぜひ弁護士に頼ってください。


1.交通死亡事故や後遺障害の慰謝料交渉の弁護士依頼の概要

交通事故で死亡してしまったり、重度の後遺障害が残ってしまったりした場合、相手方の保険会社との交渉を弁護士に依頼すれば、適切な賠償額になる可能性が高まります。

もし示談が不成立になったとしても、その後は裁判で賠償金を請求することもでき、相手方との交渉が有利になることもあります。


2.交通死亡事故や後遺障害の慰謝料交渉の弁護士依頼の関連サービス名・運営会社名・勧誘者氏名など

損害保険各社


3.交通死亡事故や後遺障害の慰謝料交渉の弁護士依頼の詳細な経緯

交通事故で死亡や重度の後遺障害が残ってしまった場合、相手方の保険会社との交渉を交通事故案件の経験豊富な弁護士に依頼すれば適切な賠償額になる可能性が高まります。

弁護士は慰謝料などの賠償額について、保険会社の「自賠責基準」よりも高額な「弁護士基準」の適用で金額を求めることができるほか、もし示談が不成立になったとしても、その後は裁判で賠償金を請求することもでき、交渉が有利になることもあります。

このほか、弁護士に依頼するメリットとして、「これからどうすればいいのか」という手続きの流れを相談したり、相手方との交渉についてアドバイスを貰えることもありますので、ぜひお気軽にご相談ください。


4.関連コラム

【弁護士費用の相場】に関するenjinのコラムを紹介しています。あなたの被害回復の参考にしてみてください。
https://enjin-classaction.com/column/detail/?columnId=981&category=base

【enjinの詳しい利用方法やよくある質問を紹介しています。参加に不安のある方、サイトの解説はこちらを参照ください】
https://enjin-classaction.com/qa/