\法的トラブルに役立つ情報を毎日更新中/

交通事故・保険会社との慰謝料交渉は弁護士へ(担当:岡野 武志 弁護士)

#詐欺・消費者被害
参加受付中

交通事故・保険会社との慰謝料交渉は弁護士へ(担当:岡野 武志 弁護士)

#詐欺・消費者被害
1人の応援者のおかげで1名の被害者が参加しました。
応募者数は後人で人に到達します。
1
応援

現在の総被害額

0円

参加者数

1人
たくさんの被害者があなたの参加を待っています

交通事故・保険会社との慰謝料交渉は弁護士へ(担当:岡野 武志 弁護士)の詳細情報

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)

交通事故にあったときは、けがや被害の回復など、多くの問題が発生します。
そのようなときは、もっとお気軽に弁護士へ相談してください。
交通事故案件の経験豊富な弁護士に相談すれば、慰謝料の増額の見込みや、示談までの流れなどについてアドバイスをもらえる可能性があります。

1.交通事故の慰謝料交渉の概要

交通事故にあってケガをしたときは、加害者側の任意保険会社と交渉する必要があります。
しかし、保険会社側から提示される金額が治療費に対して低かったり、治療の打ち切りを要請されたり、示談になってしまったりする場合もあります。

そのようなケースでも、弁護士に依頼することで慰謝料を増額できる可能性があります。


2.相手方となる関連サービス名・運営会社名・勧誘者氏名など

損害保険各社


3.交通事故の慰謝料交渉の詳細

なぜ、弁護士が登場しただけで増額できるのでしょうか?

法律の専門家である弁護士が交渉した場合、慰謝料は「弁護士基準」と呼ばれる金額を参考に慰謝料が決められます。これは過去の裁判例に基づいて作成されたもので、保険会社が用意している基準よりも、一般的に高い金額となります。


【事例】※あくまでも一例です。

①むちうち(頸椎捻挫)を負った場合
・当初の提示額:0円 ⇒ 最終回収金額:41万円

②腰椎捻挫で神経症状が残った場合
・当初の提示額:149万円 ⇒ 最終回収金額:307万円

③左足首骨折を負った被害者の場合
・当初の提示額:365万円 ⇒ 最終回収金額:1,125万円

そのほか、弁護士に依頼することで、保険会社からの治療打ち切りを回避したり、治療期間が延長される場合があります。

「交通事故で骨折してしまったけど、加害者側の任意保険会社から適切な金額の慰謝料を受け取りたい」
「交通事故で後遺障害を負ってしまった…今後の生活のために、後遺障害慰謝料も増額してほしい」

といったお悩みをお持ちの方は、今すぐ「プロジェクトに参加」をクリックしましょう。
適切な補償を受け、明るい生活を送れるようにするためにも、ぜひご参加ください。


4.関連コラム

【弁護士費用の相場】に関するenjinのコラムを紹介しています。あなたの被害回復の参考にしてみてください。
https://enjin-classaction.com/column/detail/?columnId=981&category=base

【enjinの詳しい利用方法やよくある質問を紹介しています。参加に不安のある方、サイトの解説はこちらを参照ください】
https://enjin-classaction.com/qa/