\法的トラブルに役立つ情報を毎日更新中/

夫婦別姓違憲の集団訴訟

#国家賠償・損失補償請求
参加受付中

夫婦別姓違憲の集団訴訟

#国家賠償・損失補償請求
31人の応援者のおかげで3名の被害者が参加しました。
応募者数は後人で人に到達します。
31
応援

現在の総被害額

0円

参加者数

3人
たくさんの被害者があなたの参加を待っています

夫婦別姓違憲の集団訴訟の詳細情報

有名なソフトウェア開発会社「サイボウズ」CEOの青野氏ら4人が、2018年1月19日、日本人同士の結婚で夫婦別姓を選択できないことは違憲であるとして東京地裁に提起した事件。一人当たりの賠償額は55万円として、戸籍法条の問題点を指摘しています。
さらに、同年3月にも事実婚夫婦4名が、国や自治体を相手に夫婦別姓を選択しなければ法律婚ができないことの違憲性を指摘した訴訟を起こした一連の事件。
ちなみに夫婦別姓違憲訴訟に関しては、2015年に「民法750条で定められた夫婦同姓は合理性があり合憲である」という判決を最高裁が出しています。